髭が悪いのではない。悪いのは常に人間である。

許すことはできない

髭の悩みを解決し、未来を重要視したところで、過去は変わらない。

だから本来は忘れてしまうのが一番なのだろう。

 

しかし、あれを忘れられるか?

そんなはずはない。

 

もう別に髭でクソみたいな思いをしたことはそれでいいんだ。

あの時の経験がなければたどり着けない精神状態も味わえたことだし。

それはどうでもいい。

 

だが、罪を犯した人間を放っておくわけにはいかない。

法律で罪に問われなければ無実なのか?

そんはずないだろう。

 

世間が何も思ってなくても必ず懲らしめてやる。

数々の苦渋と苦痛を味わわせてやる。

そうでなければ自我を保てないのだから。

 

クソみたいな人間がのうのうと生きられる社会がここにはある。

それが日本だ。

 

この世界に誰一人として生きる価値のある存在はない。

断言できる。

人間そのものが無意味だからである。

 

ならばどうすべきか。

やるべきことをやるだけだ。

安穏とした日々をいつか必ずぶち壊す。それが私の生きがいである。

 

 ヒゲ脱毛でいくらか救われた

 

髭のせいでみじめな青春時代を送った男は少なくないはずだ。

 

そんな人たちにはぜひともヒゲ脱毛をお勧めしたい。

ヒゲ脱毛すれば髭を永久脱毛することができる。

 

髭剃りしなくて済むし、肌も綺麗になる。

長年のコンプレックスからも解放される。

 

過去は変えられないけれど、未来は変えられる。

そう、ヒゲ脱毛すれば。

 

現に私はヒゲ脱毛を行なっている。

医療クリニックの医療レーザーだと確実になくすことができるのだ。

 

まだ鼻下やアゴは生えてくるが、頬や喉あたりはほとんど生えなくなっている。

髭コンプレックスは子供のころでないにしろ、大人になっても日常生活に支障をきたすほどの影響力をいまだ持っている。

 

だから、ヒゲ脱毛をすることは前へ進むための手段なのである。

これが大きな転機になることを私は信じている。

 

髭は悪くない。

だが、髭を悪いと思わせる社会がおかしいのだ。

 

ヒゲ脱毛して、そんなくだらない社会と付き合うのはやめにして、自分のために生きよう。